フルートの日々
2017年 フルート生活

気がつけば、何年もブログが更新されていませんでした。汗

 

昨年は、始めてオーケストラとモーツァルトのフルート協奏曲を協演させていただき、とても感謝しております。

 

2017年も早くも4月です。

 

今年に入ってからも、発表会、演奏会と大忙しでしたが、次は6月25日の京都市呉竹文化センター創造活動室で開催される、FIND FLUTE STAGE 2017 に向けて準備中です。

 

あらためて、これからもフルート音楽の世界を広げていきたいと思います。

 

 

- comments(0) -
2014フルート新年会
2014フルート
2014年がスタートし、京都の駅前で新年会を行いましたあひゃネコ
2014新年会
初めて会う生徒さんもいるので一人一人自己紹介を兼ねて、それぞれの今年の目標などを発表フルート
2014アンサンブル
わいわいとフルート談義に花が咲き、盛り上がりました食事

2014年も、たくさんのいい音楽シーンを作っていきましょうゆう★
- comments(0) -
エアコン
 今日は朝からエアコンの取り外し作業

そして午後からレッスン

みんな頑張っていてとてもいい感じです

朝から300回ほど笑った話で、笑いました。子供は一日それくらいの回数笑うそうです。
さすがに大人では難しいかも


- comments(0) -
ソロコンテスト
JUGEMテーマ:吹奏楽

管楽器ソロコンテスト奈良大会中学生部門で最優秀賞を受賞されたKさんが、関西大会にて奨励賞を受賞されました

おめでとうございます

積極的にいろんなことに挑戦するのはとても素敵な事ですね
いい音楽をやろうと頑張った事は人生をより豊かにしていくと思います。

コンテストもコンクールもたとえそれが国際コンクールの結果だとしても、すべてはよりいい音楽を作っていくための一過程にすぎません、いろんな経験を積んで、最後にはすべての肩書(過去)が気にならないようになるくらい、より上手くなって行って下さいネ


- comments(0) -
グラーフ氏と佐渡裕氏夢の競演
昨日は午後に大阪で、フルートカルテット・メロンジェ(サイトを新設しましたhttp://fl4meranger.web.fc2.com)の依頼演奏を行い、夕方から サンテミリオン・フルート教室お薦めのコンサートを聞きに、堺東に行って来ました

はじめてのヨーロッパでスイスに行きグラーフ氏のレッスンを受けたのはもう25年前の事です。無伴奏のグラーフ氏CDを聞いて感動した曲のレッスンを、グラーフ氏自身に習ってみたいという希望を叶えたのでした。

そして、この堺東は初めてY音楽教室の講師となって初めて赴任した駅でもあります。これも25年前

そして、サンテミリオン・フルート教室のサンテミリオンはフランス・ボルドーで初めて買ったワインの名前、なぜボルドーに行ったかと言うと、当時ちょうどパリ留学時代に、佐渡裕氏がボルドーの交響楽団を指揮されておられて、みんなで聞きに行き、佐渡裕氏を囲んでの日本料理店で楽しいパーティーがあって参加させていただきました。エコールノルマルで師事していたフルートの先生がもともとボルドーで吹いておられて、その先生の一押しワインがサンテミリオンだったので、初ボルドーで初買のワインをサンテミリオンにして、パリにもって帰って友人達と飲んだ楽しい思い出があります。

様々な、思い出が瞬時によみがえってくる演奏会でした

グラーフ氏の演奏は80歳を超えても全く健在のすごいものでした。深い哲学を思わせる素晴らしい音楽で、感動的でした

佐渡裕氏の指揮と東京シティフィルの演奏はもう圧巻で、演奏が終わると盛大な拍手とスタンディングオベイションでまさに感動の嵐。オケでは日本の誇る若手フルート奏者の神田氏のフルートの音色もとても美しく素晴らしいものでした

当時佐渡裕氏がラムルー管を振られる為にパリに来られた時は、出来うる限りすべての演奏会に足を運んだのですが、様々な記憶がよみがえり、パリで第9を聞いた時に、隣に座っていたフランス人の女性が感動のあまり3楽章で泣き出して、演奏が終わったとたん会場はスタンディングオベイション、その女性がベルリンでもベートーヴェンを聞いたけど、彼が世界一よと叫んでいた記憶がよみがえってきました。

久しぶりの堺は久しぶりに本気の音楽にふれ、パリを感じた一日でした


- comments(0) -
| 1/26 | >>